バイナリーオプションランキング

バイナリーオプション基礎知識情報

バイナリーオプションの年末年始の営業時間と経済指標をチェックしておこう

バイナリーオプションの年始年末付近の経済指標をチェックする

バイナリーオプション年末年始

バイナリーオプション初心者の方々は、年始年末こそは、バイナリーオプションに集中してガンガン稼ごうと思っているのではないでしょうか。

しかし、クリスマス休暇の影響で、バイナリーオプション取引出来る業者がなくて、投げている人たちもいるようです。

FXもそうですが、バイナリーオプション取引でも、キリスト教圏の国は取引を停止するケースがあるようです。
その影響で、年始年末のバイナリーオプション取引が出来ない会社もあるので、そのようなことを出来る限り正しく把握しておく必要があります。

バイナリーオプションは年始年末出来ないの?

バイナリーオプションは、年始年末取引が出来ないかと思えば別にそうではない会社もあります。

バイナリーオプション取引を停止する会社もあるようですが、取引が出来る市場がオープンしているので、長期で、取引が出来なくなることもないでしょう。ただしそのような状況の中で、通常当たり前に取引出来ていた銘柄同士でも、影響を受けて出来ないということがあります。

イスラム圏やユダヤ圏の株の銘柄などを扱っている業者は、そのような影響は受けないで、年始年末でも問題なくバイナリーオプション取引をおこなうことができます。
その中でも、若干、取引ルールに制限が出てきてしまうケースもあるでしょう。

年末年始の海外業者の営業について

では、年末年始の海外業者の営業日、時間について紹介していきます。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率 口座開設
1.8~2.0倍 5分/0円

ハイローオーストラリアの年末年始休みは、12/30~1/2(午後5時迄)がお休みになります。サポートの対応は1/4からになります。
このあいだは、サポート対応、入出金も行う事が出来ませんので、年末年始開けてすぐトレードをはじめたい方は、早めに入金しておきましょう。

theoption

theoption

ペイアウト率 口座開設
1.78~2.0倍 5分/0円

theoption(ザオプション)の年末年始休みは、12/30~1/2がお休みになります。サポートの対応は1/4からになります。
このあいだは、サポート対応、入出金も行う事が出来ません。国内銀行も休みに入ってしまうので年末年始開けてすぐトレードをはじめたい方は、早めに入金しておきましょう。

当サイトで紹介しているおすすめ業者の営業時間についてはこちらになります。年明けの取引に遅れてしまわないように今のうちから、口座開設、入金を忘れずに行っておきましょう。

年始年末ご祝儀相場って何?

バイナリーオプション年末年始

何かと慌ただしい年始年末ですが、ご祝儀相場があるってご存じでしょうか。
今年のご祝儀相場は2018年1月2日(火)が狙いと言われています。

ご祝儀相場は、つまり、為替が相当大きく動くので、このようなタイミングは、やっぱり逃すべきではありません。

バイナリーオプションのご祝儀相場とは何かということですが、基本、年始年末は、市場がクローズしてしまうので、FXや株に熱中している人たちは、あまりポジションを持ちたがらない傾向があります。
ですから、年末には、売りがどんどん進行して行ってしまって、クローズしている時には、為替の変動がありません。

そこで、バイナリーオプション取引で狙いたいのは、市場がオープンする日です。
それに合わせて新年早々、個人投資家のみなさんが、動きだし取引をスタートします。その影響で、為替が動き始めます。
この為替の動きって、明確であり、大きく動くことに、バイナリーオプション初心者も、魅力と感じいいのではないでしょうか。

実際に、例えば、2017年1月3日(火)のご祝儀相場ですが、USD/JPYを15分足で表示していたのですが、ロンドン市場がオープンして、17時あたり頃から急激に右上がりになりはじめて来ました。
一定の幅でHIGHに動き、本当にこのようなタイミングで取引をしなければ損!という感じです。

つまり、バイナリーオプション初心者の方々が、狙うのは、タイミングは2018年1月2日(火)の17時頃であり、それが、ご祝儀相場ということです。日本では祝日などの関係で4日が年明け初日になったりします。しかし、海外市場に目を向ければ、2日から開くので、一番早いロンドン市場に合わせてバイナリーオプション取引をする個人投資家のみなさんが多いです。

ですから、2日(火)の17時頃です。
2日(火)の22時頃にニューヨーク市場がオープンするので、とにかくこの日を一日しっかり注目していたいものです。
相場がこのような感じで動きやすいということは、トレンドが分析・予測しやすい傾向があり、ペイアウトが高いけどスプレッドのある取引だとしても、勝ちの見込みは充分あります。

12月第3週目は利上げ期待や米指標でドル高傾向

2月は一般的には、ドル高の傾向になりますが、今年もその流れがあるようです。北朝鮮が弾道ミサイル(ICBM)を発射した事件も、大いに影響を受ける可能性はあり、クリスマスを呑気に過ごすことは出来ないで、 軍事行動が開始されるのではないのかという噂も起こっています。
年末年始にアメリカが先制攻撃を行ってしまっては、落ち着いているはずはありません。

そのような状況では、ドル高状況はそれほど期待することができないで、いつドルが暴落してしまうかもという不安を抱えているでしょう。北朝鮮のリスクもあり、年末に市場が閉まるために、このようなケースにおいては、短期的な取引がいいでしょう。

国・消費者物価指数(CPI)、 ドイツ・ZEW景況感指数、アメリカ・生産者物価指数、日本・機械受注など、様々な経済指標に注目してみましょう。


様々な経済指標に注目して利益を獲得しよう!

例えば、英国・消費者物価指数(CPI)は、イギリスの中央銀行(BOE)では2.0%の物価上昇目標としているため 前回の0.1%以上の結果が出ればユーロが買われるという見方をしていきます。
前回よりも悪いのなら、ユーロ買いになり、数字に影響されて為替が変動するでしょう。 (前回の結果:0.1%)

ドイツ・ZEW景況感指数では、前回の結果:18.7であり亜前回の結果:18.7よりも、いい数字なら、ユーロ買いが進んでいき、悪い数字で売るとユ-ロ売りが進むでしょう。

アメリカ・生産者物価指数の場合では、前回の結果:0.4%であり、4日にFOMCの発表が控え、それほど大きな為替変動は期待出来ないでしょう。
ただし、前回の結果:0.4%よりも、いい数字か出た場合、ドル買いが短期的におこなわれて、発表後の為替変動を狙うといいです。

いかがでしょうか。
みなさんは、経済指標カレンダーというものをどれほど認識してバイナリーオプションをしているでしょうか。バイナリーオプションをしていると、会社によっては、経済指標やニュースなどがプラットフォームで確認出来るという場合もあります。

経済指標カレンダーで、100%勝てるということではありませんが、バイナリーオプション初心者にとっても、勝てる材料が多いに越したことはありません。バイナリーオプション初心者の方々でも、思っている以上、簡単に年始年末の経済指標カレンダーなど手に入れることができますので、是非、そのようなものを参考にして、バイナリーオプショントレードをしてみてはいかがでしょうか。
バイナリーオプションの場合は短時間で取引が終了するから、経済指標カレンダーは必要ないという考えは間違いです。
業者選びに迷われている方はこちらの海外バイナリーオプション業者ランキングを参考にしてみて下さい。

バイナリーオプションおすすめ業者ピックアップ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率 口座開設
1.8~2.0 倍 5分/0円
ザ・バイナリー

ザ・バイナリー

ペイアウト率 口座開設
1.85~2.05 倍 5分/0円