バイナリーオプションランキング

バイナリーオプション攻略情報

ボリンジャーバンドでバンドウォークを意識してバイナリーオプション取引しよう!

バイナリーオプションをボリンジャーバンドのバンドウォークで攻略!

バイナリーオプションボリンジャーバンドのバンドウォーク

バイナリーオプション初心者の方はボリンジャーバンドと言うテクニカル分析を知っていますか?

ボリンジャーバンド知らない方は、バイナリーオプションに勝つためのテクニックを追求していきましょう。
今回紹介するのは、ボリンジャーバンドのバンドーウォークという物を使った分析方法です。

それではまず、初心者の方のためにボリンジャーバンドについて説明します。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、過去の一定期間の値動きの標準偏差・ばらつき具合を自動的に表示してくれるインジケーターのことです。

全部で、7本の線が表示されているのですが、中心の線は、移動平均線と同じ意味を持ちます。

中心に線があり、上下に、線が三本ずつ、それらは、標準偏差で、上は、中心線に近い方から1σ(シグマ)、2σ、3σ、下の線は同じく中心線に近い方から-1σ、-2σ、-3σです。

ボリンジャーバンドをどのような使えばいいかということですが、バイナリーオプションで、順張りもOKですし、逆張りにも活用することができます。
ボリンジャーバンドでトレンドの有無や、予兆も読みとることができます。

それではまず、ボリンジャーバンドの逆張りについて説明します。

ボリンジャーバンドで逆張りをする

逆張り指標のために、ボリンジャーバンドが存在しているという訳ではありませんが、一般的には逆張りに利用する人たちが、多くいます。
日本の方々は、バイナリーオプションにおいて、逆張りをしようとするモチベーションを大変お持ちのようです。

ボリンジャーバンドですが、構成している6本のσのラインは、値動きは、ここの範囲内に留まりやすいと言われています。

  • 1σと-1σの間で68.3%
  • 2σと-2σの間で95.5%
  • 3σと-3σの間で97.7%

ボリンジャーバンド

そして、2σと-2σの95.5%や、3σと-3σの97.7%で、逆張りをすれば、バイナリーオプションは楽々勝つことができるという感じがあります。

バイナリーオプションはじめての方々は、そう思うでしょう。
しかし、バイナリーオプションは、残念ながらそんな簡単ということではありません。
なぜなら、それは、過去の値の動きが、その範囲で収まっているということを言っているだけで、±3σのラインで、 1.7%の確率で反発しますよという数字ではないからです。

バイナリーオプション初心者の方々は、理解出来ないのなら実際に体験したみた方がいいかもしれません。

実際に、±3σのラインを超え逆張りをしてみたところ、(エントリー:次の足の始値、判定:次の足の終値)例えば、2017年3月3日で、ドル円1分足なのですが、±3σを超えているのは8回程度あり、全部エントリーして、4勝4敗で勝率は50%程度です。どうみたって、97.7%で勝てるという雰囲気では到底ありません。

バイナリーオプションのバンドウォークとは!?

バイナリーオプションバンドウォーク

そして、バイナリーオプション初心者の方々は、バンドウォークという用語も理解して欲しいのです。

バンドに沿う値動きを、バンドウォークと呼びます。バイナリーオプションはじめての方々もいかにバンドウォークを回避するかという問題を追求するようにしてください。

イナリーオプションで、バンドウォークを回避するというのなら、一回負けがあれば、次は、追いかけないことです。
バンドウォークするかということは、実際に誰も判らないです。ですから、一回負けへと陥れば、バンドウォークがあるかもしれないということを考えて撤退がいいでしょう。

そのようなことを意識していれば、例えば3連敗を1つの負けで済ますことができ、勝ち越しも充分可能性があります。

リアルタイムで、ボリンジャーバンドをチェックすれば、値動きに合わせ、それぞれのラインの先が、少しずつ動いています。
なので、過去のチャートで検証するというのもいいですが、リアルタイムのエントリーとは、結果は違うということも、意識して行う必要があります。

バイナリーオプションも、FXのスキャルピングのようなもの

FXをしている人たちは、バンドウォーク状態の、トレンドが発生した時こそが、最大の狙いと判断している人たちが多いですが、そのとき、FXで、スキャルピングなどガンガンしているトレーダーも少なくはありません。
バイナリーオプションも、FXのスキャルピングのようなものとも言えます。ですから、バンドウォークが発生している時に、順張りを攻略方法としている人たちも多くいます。

実際に、バイナリーオプションはじめての方々が、追えばバンドウォークが発生しているのか、それとも折り返してしまうのか、判断もなかなか難しいと感じるのではないでしょうか。
やっぱり、そこが、一番のぶつかる壁です。 急に下降した時なんかは手を出さない事が無難でしょう。

「RSI(Rslative Strength Index)」という、今の相場は強弱どちらに傾いているのか?を示すオシレーターツールを導入したりして、他のツールと併用するという意識も必要かもしれません。
ボリンジャーバンドに触れ、更に条件を増やしていく方法です。 ボリンジャーバンドに対して言えば、通常は2σを頼りにして、2σを突き破った時、次には、3σを頼りにし、タッチすれば、そこが反転のチャンスです。

MT4などを使用して、2σの線をまずは表示させて、再度、挿入し、罫線分析ツールからトレンド、偏差を3にすば、3σの線が出てきます。判りやすいように色も変えてみましょう。

バイナリーオプションをボリンジャーバンドのバンドウォークで攻略!まとめ

ここまで、ボリンジャーバンドのバンドウォークについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

初心者の方でもすぐに実践に取り入れることが出来ると思いますので、是非ボリンジャーバンドのバンドフォークと逆張りの手法で取引してみてください。

バイナリーオプションおすすめ業者ピックアップ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率 口座開設
1.8~2.0 倍 5分/0円
ザ・バイナリー

ザ・バイナリー

ペイアウト率 口座開設
1.85~2.05 倍 5分/0円