バイナリーオプションランキング

バイナリーオプションテクニカル分析の強力な武器

バイナリー攻略に絶対必要、テクニカル分析とは?

バイナリーオプションテクニカル分析

バイナリーオプションは2択で予想する簡単な投資なので、初心者の人たちも、難なくはじめることが出来る投資です。

とはいうものの、初心者の方は、分析を覚えなければコンスタントに勝つ事ができません。
分析の方法に関しても知っておく必要があります。

そこでまずはじめに覚えてほしい分析がテクニカル分析です。

バイナリーオプションにおけるテクニカル分析とは、ローソク足チャートなどを見て過去の値動きから今後の動きを予測することを言います。

為替の動きには、ある程度の特徴があります。
それをしっかり把握しながら、HIGH?LOW?と予測するのがバイナリーオプションの攻略です。

それでは、テクニカル分析について解説していきます。

テクニカル分析にはタイプがある!トレンドタイプ?オシレータータイプ?

テクニカル分析は大きく分けて「トレンドタイプ」のものと「オシレータータイプ」の2種類に分けて考えることが出来ます。

トレンドタイプ
現在の相場がどちら方向なのか、上昇中であるか、下降中かを分析します。
非常に一般的であるものの、種類も多くあり、プラスバイナリーオプション初心者の方々も、自分自身に一番あった指標をまず選択しなければなりません。
オシレータータイプ
オシレータータイプでは、線が上がりすぎ・下がりすぎを示すものです。
オシレーターとは「振り子」という意味です。 一定の期間を振り子のように動いていくから、割り出すことで短期間の予想に適している方法とも言われています。

ここで、トレンドタイプとオシレータータイプの指標をそれぞれ紹介します。

トレンド系指標の1つである移動平均線として、MACD(Moving Average Convergence Divergence)という指標があります。

移動平均線では、トレンドに乗っていくように推移することが出来る反面、トレンドの発生ポイントがスピーディーに見つけることが出来ないデメリットがあります。

移動平均線を補うような感じで登場したものが、指数平滑移動平均線(EMA)(Exponential Moving Average)です。

指数平滑移動平均線(EMA)の場合では、 直近の値動きに比重を置いて、算出していきます。

単純移動平均線(SMA)(Simple Moving Average) と比較して、トレンドの動きにスピーディーに対応出来るようになりましたが、MACDは、EMAを更に二本線にしたことで、精度を上げることが出来ました。 SMAよりも、EMAよりも進化形なのが、MACDです。

次にオシレータータイプで「相対力指数」と呼ばれる、RSI(Relative Strength Index)という指標があり、多くの人たちに利用されています。

RSIは、一定期間の相場の動きに対して、上昇した動きがどれだけの割合を占めているのか、数値化する方法です。

ここからここの期間で、これだけの期間上昇したということを読みとることが出来ます。数値は0~100の間で行ったり来たりし、「振り子」という意味もここでは理解することが出来るのではないでしょうか。

70~80の数値を買われすぎ、20~30の数値を売られすぎの基準として、反転ポイントと判断し、売買の目安にしていきます。

トレンドが大きく動き出した初動のポイントは、数値が急激に上昇していくものであり、まだ動き始めのトレンドに対して、参考にしても反転ポイントを割り出す目安にはなかなか出来ないのが、RSIのデメリットとてして捉えることが出来ます。

この2つ以外にもテクニカル分析はたくさんあります。バイナリーオプション初心者の方々も、ある程度経験を積んで、他のテクニカル指標も併用して、テクニカル分析をすることをおすすめします。

テクニカル分析を併用して取引しよう

バイナリーオプション月曜日

テクニカル分析は、併用することでヨリ正確な分析結果を得ることが出来ます。

例えば先程紹介したMACDは他の指標と相性がいいことが特徴として考えることが出来ます。

MACDは、実際にオシレーター系指標に分類されるものですが、トレンド相場での利用がおすすめです。

MACDは“移動平均収束拡散法”とも言われており、通常の移動平均線というわけではありませんが移動平均線のようなものを元にしていると考えることが出来、トレンド相場に強く、バイナリーオプション初心者でも、移動平均線に似ているから判りやすく感じるのではないでしょうか。

レンド相場の時には少し遅いくらい程度ならやり過ごすことが出来るかもしれませんが、あまり値動きの見られないレンジ相場では命取りになってしまうことも考えることが出来ます。

そこで、バイナリーオプション初心者の方々も、併用していただきたいのが、“ストキャスティクス(Stochastic oscillator)”です。

ストキャスティクスで、相場が売られすぎているのか、買われすぎているのかを判断することが出来ます。
ストキャスティクスは、価格の変動幅から作られた“買われすぎ”“売られすぎ”を判断して購入タイミングを計るオシレーター系に分類されるテクニカル分析の手段です。

ストキャスティクスも、単に逆張り指標のインジケーターということではなく、あらゆる方向で相場を判断出来る、非常にバイナリーオプションテクニカル分析の強力な武器です。

このようにテクニカル分析は様々な物と組み合わせる事によってより高い精度の分析が可能になります。

様々なテクニカル分析が出来るようになれば、バイナリーオプションはコンスタントに勝つことが可能になりますので、最初は、難しいかもしれませんが1つずつ覚えていきましょう。

バイナリーオプションテクニカル分析の強力な武器まとめ

ここまでテクニカル分析について紹介してきましたがテクニカル分析をマスターすることができればバイナリーオプションで利益を挙げることはそう難しいことではありません。

テクニカル分析をはじめとする分析は、バイナリーオプションの攻略において強力な武器になります。

初心者の方は、まずヤフーファイナンスのテクニカルチャートやMT4を使って分析を勉強することをおすすめします。

バイナリーオプション業者の中には、自社でデスクトップツールを用意していてそのツールから取引出来る初心者に嬉しい業者もあります。

こういった業者を使うことで周りよりも早く利益を獲得出来ると思います。興味がある方は参考にしてみてください。

バイナリーオプションおすすめ業者ピックアップ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率 口座開設
1.8~2.0 倍 5分/0円
ザ・バイナリー

ザ・バイナリー

ペイアウト率 口座開設
1.85~2.05 倍 5分/0円