バイナリーオプションランキング

バイナリーオプションで使える経済指標について

バイナリーオプションで使える経済指標とは?

バイナリーオプション経済指標

バイナリーオプションは、これまでに投資をしたことが無い初心者の方でも簡単に始められる人気の投資方法です。

これまで、個人投資家に人気の投資分野と言えば株式やFXでした。
しかし、こうした投資分野で実際に運用をするとなるとそれなりの予備知識が必要になります。

その点、バイナリーオプションであれば難しい知識を事前に習得する必要もありませんし、取引作業なども簡単に覚えることが出来ます。

さて、そんなバイナリーオプションですが、実際に投資を始める前に是非とも知っておきたいことが一つあります。

それはズバリ、「経済指標」です。

予備知識をほとんど必要としないバイナリーオプションではありますが、経済指標については非常に重要なポイントとなります。

何故かと言うと、通貨の価格が上がるか下がるかを予測するバイナリーオプションにとって、経済指標は欠かすことのできない判断材料だからです。

経済指標がバイナリーオプションの成否を分ける

既に述べた通り、バイナリーオプションでは通貨の価格が値上がりするか、それとも値下がりするかを予測することになります。

つまり、為替の動きを見極める必要があるわけです。

そこで重要になってくるのが、為替の動きに決定的な影響を及ぼしている「経済指標」です。

バイナリーオプションを行っている投資家のほとんどは、経済指標に常に注意を払っています。

しかし、経済指標であれば全てに注意を払っていなければならないかと言えばそうではありません。
と言うよりも、経済指標は非常に多くの種類に分かれているため、そんなことはできません。

ですので、バイナリーオプションにおいて経済指標をチェックする際には、特に為替の動きに強い影響を及ぼしている指標を集中的にフォローすることになります。

では、為替の動きに強い影響を及ぼしている経済指標とはどのようなものなのでしょうか?

為替に対する影響の大きい経済指標

経済指標には非常に多くの種類があり、一日に数種類の指標が発表されることもあります。

そんな中で為替の動きに強い影響を及ぼしている指標には、以下の様なものがあります。

米国の雇用統計
アメリカの雇用統計には大きく分けて二つの種類があります。
一つは失業率(Unemployment Rate)、そしてもう一つは非農業部門就業者数(Nonfarm Payrolls)で、毎月第一金曜日に前月の統計結果が発表されます。
この二つの統計はどちらも為替の動きに影響を与えますが、特に非農業部門就業者数の数値は為替の動向に大きな影響を及ぼしています。
米国のGDP
これは、米国内において一定期間内に生み出された付加価値の総額を表す指標で、1月・4月・7月・10月と3か月毎に発表されます。
この指標も為替の動向と強い相関関係を持っています。
尚、GDPの数値を見る際には一つ注意しなければならないことがあります。
他の経済指標は多くの場合、前回発表された数値との比較が重要になります。
しかしGDPの場合は、前年度の同じ時期と比べるという見方をすることが多くなるのです。
米国の政策金利
米国では、FOMC(連邦公開市場委員会)において政策金利が決定され、大凡6週間に一度のペースで発表が行われます。
日本においても日銀金融政策決定会合が行われ、欧州においてもECB政策理事会が開かれていますが、連邦公開市場委員会もほぼ同様の位置付けと言えます。
しかし、為替に与える影響についてはこちらの方が大きく、予想とは異なった利上げまたは利下げが行われた場合には大幅な変動が起きることもしばしばあります。
米国の貿易収支
経常収支にはいくつもの種類がありますが、その中でも為替に大きく影響しているのが貿易収支です。
貿易赤字の額が拡大するとドル安誘導の懸念が高まり、ドル売りが集中する傾向にあります。
尚、この指標の発表は毎月行われており、20日前後が発表のタイミングとなっています。
米国の住宅着工件数
文字通り、住宅戸数の内で新しく建設が開始されたものの数を表す指標です。
住宅は、土地や自動車等と並んで個人にとっては非常に大きな消費ですし、家具や家電製品と言った他の消費への波及効果の大きい商品でもあります。
その為、住宅着工件数の推移は為替にも大きく影響することにあります。
尚、米国の住宅着工件数は毎月第2週のいずれかの日に発表されることになっています。
IFO景況感指数
こちらは欧州の経済指標で、ドイツのIFO研究所が欧州の7000社を対象に景況感を調査して発表している指数です。
米国同様、欧州においても数多くの経済指標が存在していますが、その中でもこの指数は注目度が高く、為替に対する影響にも大きなものがあります。
発表の時期は毎月下旬となっています。
ZEW景況感指数
こちらも欧州の指標で、民間の調査会社であるZEWが発表している指数です。
この指標の特徴は、民間の会社が市場関係者や機関投資家、アナリストなど約350名にアンケートを行いなった上で集計された指数であるというところにあります。
つまり、プロの意見が集約された指標となっているのです。
また為替に対する影響という点でもこの指標は重要視されており、IFO景況感指数に次いで信頼度の高い指標と考えられています。

経済指標を使って取引するのにおすすめの業者はある?

バイナリーオプションの攻略で使える経済指標について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

バイナリーオプションの経済指標をしっかり把握することで相場がこれから相場がどう動いて行くのかを予測することが出来ますので、勝率が上がり、稼ぐことが可能です。

そこで、経済指標を活かして、取引するのにおすすめな業者がありますので是非参考にしてみてください。

theoption

経済指標を活かすならtheoption

ペイアウト率 口座開設
1.78~2.0倍 5分/0円

何故、ザオプションをおすすめするのかというとデモトレード、デスクトップツールがあるためです。
この2つと経済指標を活かすことによって格段に勝率は変わってきます。まずは、練習がてらデモトレードを試してみてはいかがでしょうか?

バイナリーオプションおすすめ業者ピックアップ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率 口座開設
1.8~2.0 倍 5分/0円
ザ・バイナリー

ザ・バイナリー

ペイアウト率 口座開設
1.85~2.05 倍 5分/0円