バイナリーオプションランキング

バイナリーオプション基礎知識情報

バイナリーオプションにかかる税金を詳しく教えます

バイナリーオプションでも税金は支払いしなければならないもの?

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションを始めて利益を上げたのはいいが税金等がよくわからない。
こういった悩みを抱えている方がいると思います。

その他にもバイナリーオプションは投資なのでお金に対してのいろいろな疑問を持っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

バイナリーオプションでは税金の問題を考えていかなければなりません。

バイナリーオプションの税金問題なんて今まで関わっていなかった問題だけに、複雑で面倒くさそうと思っている人たちも少なくありません。

2月の中旬頃から3月の中旬の頃にやってくるものといえば、確定申告です。
バイナリーオプションで儲けた場合は、当然確定申告の義務を私達は背負うことになります。
バイナリーオプションの税金問題をスムーズにするということは、確定申告にあたふたしないことなのです。

税金問題は全然難しくない?

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションにおいて、1月1日から12月31日の1年間で利益が出た際、確定申告をする必要が出てきます。

ただし、バイナリーオプションで、1万円や2万円程度のの利益を出したところで確定申告をする必要はありません。

バイナリーオプションの基本は、20万円以上の利益が出た場合のみ申告をしなければならないことです。

まずは、税金は支払いしたくないのかもしれませんが、バイナリーオプション初心者の方々が超えなければならないラインです。
〈※年間の給与収入額が2,000万円を超えた場合は20万円以下でも申告する必要があります〉

ここで注目しなければならないのは、012年度から税制が大きく変わり、国内バイナリーオプションと、海外バイナリーオプションでは税制の制度が違ってしまっていることです。

税金問題はやっぱり難しい?

具体的に言えば2011年度税制改正修正法が可決され、2012年1月1日から国内バイナリーオプションに関する税率が優遇されることになった訳ですが、バイナリーオプションはそれまで>総合課税という方法が採用されていました。

しかし、2012年以降において国内バイナリーオプション業者は申告分離課税となったものの、海外バイナリーオプション業者は総合課税のままです。
ここには互換性のなさが露呈しかえって判りづらいと思った人たちもいるのではないでしょうか。

国内バイナリーオプションの申告分離課税は他の所得とは分離して税額を計算する課税方法です。

国内バイナリーオプションの税率は、所得税:15%住民税:5%復興特別所得税:0.315%ということになり、正確に言えば:20.315%です。

つまり国内バイナリーオプションは利益の20%の税金を払わなければならないということです。

海外バイナリーオプションの総合課税とは

海外バイナリーオプションの場合は、総合課税は申告分離課税とは異なり、他の所得金額を合計して税額を計算する課税方法を依然採用したものです。
合計所得によって異なる課税率が設定されています。

  • 195万円以下: 5%(控除額 0円)
  • 195万円~330万円以下: 10%(控除額 97,500円)
  • 330万円超~695万円以下: 20%(控除額 427,500円)
  • 695万円超~900万円以下: 23%(控除額 636,000円)
  • 900万円超~1800万円以下: 33%(控除額 1,536,000円)
  • 1800万円超: 40%(控除額 2,796,000円)

総合課税

総合課税はこのようになっています。

海外バイナリーオプションにおける総合課税の計算方法は、【(取引で得た利益 + 他の合計所得)×所得に対する課税率-所得に対する控除額=合計の課税額】です。

海外バイナリーオプション、国内バイナリーオプションどっちがいいのか……

実際にここまでの話しでみなさんは国内バイナリーオプションがいいと思ったでしょうか。それとも海外バイナリーオプションでしょうか。
ここで実際に例を出して計算してみましょう。

年収330万円の田中さんがバイナリーオプション取引をする場合を考えてみます。

その人が、国内バイナリーオプション取引で利益を23万円得たとします。 230,000(円) × 20.315(%) = 46,724(円)が、利益に対してかかる税金です。
他の合計所得である330万円には総合課税として計算されて、 3,30,000(円) × 10(%) – 97,500(円) = 232,500(円)の課税が加算されることになります。
結局、このケースで支払いしなければならない税金は、46,724(円) + 232,500(円) = 279,224(円)という数値が出てきます。

一方で海外バイナリーオプションの場合はどうでしょうか。

利益と他の合計所得を足したものは353万円です。

3,530,000(円) × 20(%) – 427,500(円) = 278,500(円)という数字が出て来ます。
そして279,224(円)と、278,500(円)の数字を見ていただければ判りますが、それぞれバイナリーオプションの税金の方法は違うというものの、金額にそれ程差は出てこないということが判ります。 ごくごく部分的な検証なので、みなさんも更に追求してみましょう。

バイナリーオプションの税金についてまとめ

いずれにしても国内バイナリーオプションはもちろんのこと、海外バイナリーオプションでも確定申告をしなければならないというモチベーションは、個人投資家の人たちはしっかり持つ必要があります。

今の所695万円以下の場合は、海外バイナリーオプションにメリットがあると言われています。

ただし、 国内バイナリーオプションには、特に1日当たりの取引回数やペイアウト額が限定されているなど規制があり、 年間の合計利益が695万円以上にさせること自体が難しいのかもしれません。

税金の支払いはしっかり行いましょう。

バイナリーオプションおすすめ業者ピックアップ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト率 口座開設
1.8~2.0 倍 5分/0円
ザ・バイナリー

ザ・バイナリー

ペイアウト率 口座開設
1.85~2.05 倍 5分/0円